チーム紹介
【加盟団体】

和歌山県庁相撲部
和歌山県庁相撲部は、昭和26年6月に創部。その年の広島国体に出場するなど活動を始め、当時の小野真次知事が「やるからには日本一に」と激務の合間に土俵際に座り込んで激励したとの話を先輩たちから伺っています。
当時は、道場もなく本庁舎中庭に土俵を作り、野天で寒風吹きすさぶ中で稽古。
部員の精励の結果、昭和37年に全国大会で初の団体優勝、以来、全国諸大会で団体69回、個人61回の優勝を数え、その中でもアマチュア相撲日本一である全日本相撲選手権大会で優勝4回(野見典展(三連覇)、冨田忠典)、全日本実業団相撲選手権大会で団体優勝19回(昭和58年から14連覇)を達成しています。
設立 昭和26年6月
部員 平成24年7月現在 16名
(うち現役選手は6名 )
活動内容 青少年の人間作りを目的に、相撲教室の開催や養護学校への慰問等を行ったりと「元気のある和歌山県」作りの力になりたいと思っております。 
活動日・場所 月曜日〜金曜日 午後6時から
和歌山県庁 相撲場

体験入部、稽古見学は歓迎しますので、興味のある方は是非どうぞ。 
役員 部長:加藤 信一
監督:浅田 晃秀 

【少年相撲教室】

和歌山市相撲教室 
設立 凡そ20年前に社会人相撲で活躍した、駒澤大OBの山崎博(和歌山教員)、関沢俊文(和歌山教員)、加藤信一(和歌山県庁)、松本透(和歌山教員)が中心となり、子どもたちの健全育成や当地における相撲の普及振興を目的として当相撲教室がスタートしました。 
練習生 現在は小学生を対象に14名 
活動   まずは、子どもたちが相撲に親しみ継続していけるような雰囲気作りに心がけながら、基本練習を中心にして、時には厳しく、時には優しくをモットーに稽古をおこなっています。
 教室の出身者では平成21年度のアマチュア横綱となった冨田元輝(日大→和歌山県庁)選手を始めとして、地元に帰って和歌山県庁と株式会社松源の実業団相撲チームの中心となって国体や各種大会において全国的に活躍する選手を多く輩出しています。
 今後も、設立された先輩方の「想い」を引継ぎながら、和歌山における相撲の普及振興に取組んでいきます。 
生徒募集  小学生・中学生 男・女 
活動場所  和歌山県営相撲場屋内練習場 
代表者  山崎 博
関沢 俊文 
指導員  橋本 剛
矢須 渉
河本 茂
矢須 直
沖崎 誠 
事務局
問合せ先 
矢須 渉
和歌山市和歌浦東2−4−88 



Copyright © 2012 Wakayama Sumo Federation All Rights Reserved.